読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルカンスケールモデル 56005 CT3 601(r)

f:id:soloplastic:20160323034503j:plain

1/35 Vulcan Scale Models 56005 German Artillerieschlepper CT3 601(r)

 

  • 概要

新興メーカーのバルカンスケールモデルから2013年に発売。インジェクションでは初のキット化になるソビエトのSTZ-5トラクターのドイツ軍鹵獲仕様。

先に発売されたSTZ-5に追加パーツとデカールの変更を施したもので、デカールを無視すれば元の仕様のまま組み立てることも可能。

鹵獲版のみボーナスパーツとしてドイツ軍のドラム缶が6つ付属する。胴体が一発抜きされたハイディティールなもので、ソ連仕様との価格差が無いことからこちらのほうがかなりお得になっている。

 

  • 構成

ダークグレーのランナーが6枚にクリアパーツとエッチング、3種類の金属スプリングとデカールが付属。鹵獲版のみドラム缶6つのパーツとエッチングが一枚追加されている。

窓とヘッドライトはクリアパーツで再現、エンブレムとフロントグリルにはエッチングを使用する。履帯は部分連結式で、薄い履帯を再現している。

このキットの特色はボギーやウィンチのバネ部分を鉄製スプリングで再現したところにある。通常インジェクションで作るとパーティングラインの処理が難しい場所への試みだ。

 

プラはやや柔らかく粘度のある材質で、成型状態もあまりシャープではない。このあたりは新興の小さなメーカーの悲哀ではあるが、ディティールの再現度や異素材を使った工夫などで技術的限界をカバーしている。

シャシーとキャビン、荷台に3構成で組み上げる。設計は練られたもので、微細なディティールを要求する箇所には金属素材を用いるメリハリのある造形だ。部分的に合いの悪い箇所や組み付けの分かり難いパーツもあるので、すり合わせながら組み立てるほうが良いだろう。

 

  • マーキング

ドイツ国防軍所属 ロシア戦線 2種

ドイツ空軍所属 ロシア戦線

第三親衛装甲師団所属車両

 

 

  • 総評

設計が未熟で分かり難い箇所が目立つものの、独自の工夫も多く見られる意欲的なキット。

パーツの小ささ故に組み付けにくい箇所はあるものの、精度は比較的良く組みやすい。

手頃な価格なので情景の脇役としても使えるし、唯一のプラキットとしてもおすすめしやすい好キットだ。